新型コロナ外出自粛に伴う電話法律相談 予約受付開始

熊本県内で御活躍の企業(経営者)の皆様へ

 アリオン法律事務所は、平成291月から熊本市中央区水道町の大甲橋側に移転・開業しました。代表・弁護士の宮﨑耕平は、平成15年に郷里の熊本県弁護士会に弁護士登録して以降、様々な案件の解決・予防に取り組んできました。

 私は、弁護士とは、社会のインフラとして、社会に生きる全ての人の生活を成り立たせ・幸せを求めることのサポートをすることにあると考えます。この役割は弁護士だけに与えられているわけではありません。全ての職業に通じるものではありますが、依頼者の人生に深く関与する点が弁護士に与えられた責任でもありやりがいだとも考えます。

 ここで社会に生きる全ての人にはもちろん企業・組織の代表者も含みます。

 企業・組織の代表者は、その重責と業務の量から、組織で最も多忙で最も孤独です。

労働問題が発生した場合、労働者の救済がクローズアップされることは多いのですが、まじめに社員の生活の幸せを考え取り組んできた経営者が自身の取り組みを否定されるように感じたり、他の社員への動揺等に深く傷つくことを忘れてはいけません。

 また、会社の重要な取引先とのトラブルで受ける焦燥感、顧客とのトラブル、企業秘密(顧客名簿等)の漏えい等の日々の不安、社員の退職を巡るトラブル(競業避止)等抱えるストレスは非常に大きなものです。

 弁護士には、トラブルを解決することで経営者のストレスを解決・軽減することも重要ですが、日々経営者と接する中で、不安やストレスの芽を早期に摘み・和らげ、紛争を予防・拡大を防ぐことで、組織内の平穏と持続的な発展に寄与することが求められます。

 熊本県の人口減少は既に始まり、労働人口の減少・人手不足が現実化しています。熊本地震で傷ついた生活基盤・設備を取り戻す一方で、人口減少に伴う市場の縮小にも対応する必要があります。

会社が常にメンテナンスを受けながら健全に営まれることは、経営者が充実した日々を送り、新しい事業や新しい地域に進出する意欲を養うためにも必要ですし、会社で働く社員の活力にもなると考えます。

当事務所は、熊本で活躍される企業がしっかりとした企業防衛を果たした上で、発展するよう全力を尽くします。

お気軽にご相談いただければと存じます。

アリオン法律事務所の特長・強み

  • 096-285-9501
  • メールでのお問い合わせはこちら